趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

車輪やり終えましたかぁ

あれは人の意志の弱さをまざまざと見せつけられるから
やっててやきもきするというか嫌になるんだよねぇ

同族嫌悪?そんな感じ

個人⇒親⇒国家 という風にその原因を広げていくんだけど

結局は人なんだよね(まぁ上記すべて人なんだけどw)

だから最終的に気合でなんとかなってくれて良かった
それは間違いなく希望だからね

とっつぁんについては 後付なのか最初からの設定なのか知らないけど
FDの悠久の少年少女をやればわかるかな?


次の作品だと暁かなぁ
ってのはイレブンはアニメ化されてしまってるので
微妙なのではないかという勝手な憶測・・・
良くも悪くもアニメでできる内容という意味でね
ハクロン | URL | 2012/02/27/Mon 14:26 [EDIT]
ハクさん>

次は暁の護衛に手を出そうと考えてます。
車輪のFDは財布に余裕が出た時に買おうかなぁ・・・。
ティルナ | URL | 2012/03/02/Fri 18:49 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

今後はどうしようかな。

リア日記 2012/0213 Mon 20:06:08
手元の選択肢は2つ。

1つ、11eyes~罪と罰と贖いの少女~

1つ、暁の護衛


さて、どっちに手を出すべきか・・・。








どうも、こんばんはティルナです。

とりあえず あかべぇそふとつぅソフト、「車輪の国、向日葵の少女」(以下『車輪』)の

プレイが完了しましたことをご報告致します。

下記には例の如くレビューなどを設けているのですが、今回は

ちょっとばかり自身でも首を傾げそうな内容となっております。

間違った解釈、お前本当に文章読んだのかよ、というツッコミが

ありそうなものですが、そこは大目に見ていただけますと幸いでございます。

例の如くネタバレ、感想内容にご注意くださいませませ。

それでは、以下よりどうぞ。







さて。

と言う訳でレビューなわけですが・・・。

率直な感想を申し上げますと・・・

「すまん、もう1周プレイさせてくれ」

と言う感じです。

お、落ち着いてくれ、私も何を言ってるのかさっぱりn(ry

理由は下記に書いていきましょう。







・シナリオに関して

犯罪を犯し「義務」という社会的ペナルティを負った3人の少女と、主人公が交流して

その「義務」を解消していく、というお話。

主人公は法の番人たる『特別高等人』となるべく、ヒロインたちと交流していくのだが・・・

と言う解釈で間違いは無いはず。。。

シナリオは各ヒロイン毎に章仕立てとなっており、それぞれの章でヒロインたちとの交流、

背景等が明かされていくというもの。

そこらへんは話が多少前後しますが、『G線上の魔王』(以下『G線』)と同じですね。

と言うか、作品の順序的には『車輪』の方が先になるわけですが。

で。

一応一通りプレイしてみた感想としては・・・

「あ、あれ・・・気が付いたら森田がKIAIで物語を終わらせてしまった・・・?」

という感じでした。

三ツ廣さち、大音灯花、日向夏咲と順にストーリーが展開されるのですが、

前2人のシナリオは泣きゲーとしての側面を覗かせる反面、日向夏咲のシナリオで

大きく状況を動かしてくるなぁ、という印象を受けました。

全5章構成と言えば短さを感じるでしょうが、驚くなかれまるでハンバーガーのパンに

挟みきれずはみだしたレタスの如く、そのボリュームは結構なもの。

ただ、話の中弛みと言いますか、お姉ちゃんが突然登場したり(良いキャラなんだけど

掘り下げが不十分な感じ。トリックは上手いなぁと思ったけども)、法月のとっつぁんが

最後は主人公に情けをかけたりと若干惜しい気が。

個人的に日向夏美シナリオが本筋だとしても、まだ さち と まな のやりとりの方が

泣けてしまうのは致し方ないことなのでしょうか・・・?

総じて、惜しい、惜しい作品という評価で落ち着きました。

『物語に賞味期限は無い派』な私ですが、やはり時間が経ちすぎてしまったのか、

それとも私自身が年を食ったのが原因か(ぁ

いまいち作品に共感出来ない自分がいるような気がします。

ん~、まぁ楽しみ方は人それぞれなので私個人がどう解釈しても

他者様からすればどうでもいいわけでして(笑

とは言うものの家族ものに弱い自分でも、灯花シナリオは普通な感じだったからなぁ。

しかし さち のだらけっぷりの演出は凄まじかったものがあります。

いわゆる「明日から本気出す」というやつでしょうか。

まるで自分の過去を見ているようn(ティウンティウン



総じて惜しい、やっぱり惜しいなと思った作品でした。











次はどちらにしようか。














そんな1日








スポンサーサイト

COMMENT

車輪やり終えましたかぁ

あれは人の意志の弱さをまざまざと見せつけられるから
やっててやきもきするというか嫌になるんだよねぇ

同族嫌悪?そんな感じ

個人⇒親⇒国家 という風にその原因を広げていくんだけど

結局は人なんだよね(まぁ上記すべて人なんだけどw)

だから最終的に気合でなんとかなってくれて良かった
それは間違いなく希望だからね

とっつぁんについては 後付なのか最初からの設定なのか知らないけど
FDの悠久の少年少女をやればわかるかな?


次の作品だと暁かなぁ
ってのはイレブンはアニメ化されてしまってるので
微妙なのではないかという勝手な憶測・・・
良くも悪くもアニメでできる内容という意味でね
ハクロン | URL | 2012/02/27/Mon 14:26 [EDIT]
ハクさん>

次は暁の護衛に手を出そうと考えてます。
車輪のFDは財布に余裕が出た時に買おうかなぁ・・・。
ティルナ | URL | 2012/03/02/Fri 18:49 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。