趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

PSO2のαの合格通知?がこなかったので
βは是非に!!といったところだなぁ

ティルナさんもあるならまたネットの世界で逢えますね!!

G線やってみようかなぁ

うーむ
最近ゲームやるまでの気力がないという。。。
ハクロン | URL | 2012/02/08/Wed 17:46 [EDIT]
ハクさん>

PSO2の世界で再会かぁ。
月額課金制だとやる気のベースg(ry

>最近ゲームやるまでの気力がないという。。。

まぁ、最近面白いゲームもなかなか無いですからなぁ
G線はオススメですよ~
ティルナ | URL | 2012/02/08/Wed 18:12 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

徒然なる日々に。

リア日記 2012/0208 Wed 14:25:05
最近ファンタシースターオンライン2に多大な期待を寄せています。



面白そうっすよね・・・どうもこんにちはティルナです。





先日、PCゲーム『G線上の魔王』をプレイし終えたので、そのレビューでも。



例の如くネタバレ、及び感想内容に関しましては予めご注意下さい。




では、以下よりどうぞ


さて。

と言う訳で『G線上の魔王』のレビューです。

あかべぇそふとつぅ の作品は初プレイとなった今作。

パッケージのみ見た限り学園異能バトルかと思ったら現代社会での頭脳戦だった、

何を言っているのかs(ry でした(笑

デスノート+金田一少年 風、と言ったところでしょうか。

いや、もうメインヒロインこと宇佐美ハルの頭のキレっぷりが半端無かったです。

無力なヒロインでは無く、主人公を牽引するタイプ(終盤では逆転してましたが)

の通称キモデレヒロイン。日常パートでの変人っぷりはさすがでした。

また、メインヒロインに負けず劣らずな各ヒロイン、サブキャラの存在感も光ってました。

個人的には本編を含めて花音シナリオがなかなかだったかな、と。

本編ではついに見ることの叶わなかったちくわ笛ですが・・・。

後はさりげに白鳥、時田姉妹のお話も好きだったり。

ユキは良いキャラだと思う。




気になる本編なお話。

章毎に各ヒロインにスポットが当たる感じで物語が進むわけですが、

と同時にミステリー・サスペンス的な事件が発生します。

主人公である浅井京介は巻き込まれつつ、"魔王"を追って主人公の前に現れた

宇佐美ハルと共に、事件に挑んでゆくのであった---


とにもかくにもやっぱりメインヒロインが突出してしまうのはギャルゲの運命

ということでもあるのでしょうが、サブヒロインとストーリー展開的に

少々惜しかったかな、と思える部分が。

話の本筋を理解してしまうと、サブヒロインシナリオ突入で"魔王"が絡んでこなくなったり、

ハルがなりを潜めてしまったり、と首を傾げてしまう箇所がありましたね。

まぁ、サブヒロインシナリオにメインヒロインが突出してしまうのは頂けない、

と言うこともあるわけでして(そこらへんは前回の記事でも触れましたが)。

ただ、全く関与しないのもどうよ? みたいな(日常パートですらあまり

出なくなるんですよねぇ)部分もあったり。バランスの問題すなぁ。

攻略順の問題になるのでしょうが、サブヒロイン→ハルルートが一応適切ではあるのかな。

ただ、サブヒロイン(特に椿姫とか)ルートは一部キャラ背景の説明が無いままに物語が

終わってしまうので、少々複雑な話になると話の本筋を理解した上でIfストーリーとして

サブヒロインルートに向かう、という手段を講じなければなりません。

んな無茶な、と言う話でもあるんですがね(笑



さぁさぁそんな艱難辛苦を乗り越えていよいよメインのハルルート。

"魔王"の正体、ハルの真意、主人公の活躍、と熱い展開が目白押し。

最後の最後にあっけなく終わった(´・ω・`)と思ったらまさかの

大どんでん返し、さすがにこれにはやられた と思いました(笑

もう後は主人公がヒロイン達を守るために悲しい嘘をつくシーンは

涙物ではないでしょうか。挿入歌を入れるタイミングも上手かったです。

ヒロインのハルもそれを思うとかなりシナリオにフルボッコにされていた感が

ありますねぇ。

いや、本当に幸せになって欲しい(最終的にその願いは叶うことになるのかな)。

惜しむらくは他のレビューにもあるんですが、ハルのヴァイオリン演奏が聴けない所。

これは本当に惜しかった。全てのトラウマを跳ね除けた彼女が演奏するヴァイオリンが

このシナリオの、ある意味もう一つのハッピーエンドの条件になってる気もしました。

後はユキとハルの友情物語もアフターや番外編でも良いので

差し込んで欲しかったなぁ、と。

正直、ハルが恐れる程ユキはそこまで変人してたわけでもないので、

そこらへんも不十分だったのではないかと。



総評。

なんだかんだ言っても、面白かったと思います。

前評判通り、シナリオには驚かされましたし。

久々の頭脳戦ということで、か弱いヒロインばかり見ていた自分にとっては

新鮮な気持ちで作品にのめり込んでいたような気がします(笑

ヒロインの強くもあり、同時に弱さも演出したるーすぼーい氏の手腕は流石の一言。

最後の最後、各ヒロインとの面会、ハルとの再会は本当にイイハナシダナーと思いました。

望むならその後の彼らと仲間達を描いて欲しい気がしますが、幾分時が経ちすぎている

のが「うぐ・・・」と唸ってしまう部分かと。8年ですからねぇ。

なにはともあれ、G線上の魔王はこれにて完結、ということですね。

一応未完ながらドラマCDも出てるっぽいので、そちらも機会が

あれば聴いてみたいものです。




次は同じく あかべぇそふとつぅ 作品より「車輪の国、向日葵の少女」をプレイしようと

考えています。

・・・久々に長い文章書いたら読み直すのがめんd(ry

















良作巡回










そんな1日




スポンサーサイト

COMMENT

PSO2のαの合格通知?がこなかったので
βは是非に!!といったところだなぁ

ティルナさんもあるならまたネットの世界で逢えますね!!

G線やってみようかなぁ

うーむ
最近ゲームやるまでの気力がないという。。。
ハクロン | URL | 2012/02/08/Wed 17:46 [EDIT]
ハクさん>

PSO2の世界で再会かぁ。
月額課金制だとやる気のベースg(ry

>最近ゲームやるまでの気力がないという。。。

まぁ、最近面白いゲームもなかなか無いですからなぁ
G線はオススメですよ~
ティルナ | URL | 2012/02/08/Wed 18:12 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。