趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

美凪というかみちるエンドだよねぇあれは
屋上のシーンは良かった(´;ω;`)

SUMMERはアレだよ
裏葉が全てw
もうあんなイイオンナはいないって
ってか裏葉いなかったらこの物語は始まりもしないというキーパーソン

の割りには裏葉の説明殆ど無いという・・・
だから逆に魅力的だったりもするんだけどねぇ

G線はやってないからなぁ
るーすぼーいがシナリオ担当だからやってみたいんだけどね
車輪は良かったし

全く関係ないけど
「G線上の魔王」って「げーせんじょうのまおう」って読んでたけど
普通に「じーせんじょうのまおう」だったとは・・・
ハクロン | URL | 2012/02/03/Fri 10:01 [EDIT]
ハクさん>

>SUMMERはアレだよ
>裏葉が全てw
>もうあんなイイオンナはいないって
>ってか裏葉いなかったらこの物語は始まりもしないというキーパーソン

あぁ、なるほど確かに裏葉は重要なキャラですよねw
もうちょっと掘り下げて出生とか語ればなお良かったんですかね~

車輪は一応買い置きしてあるのでG線終わったらそっちやってみようかなぁ
ティルナ | URL | 2012/02/03/Fri 11:38 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

いまさらながら。

リア日記 2012/0202 Thu 21:18:04

早いもので、もう1月も終わってしまいました。



新年明けてから、特になんてこともない。




どうも、こんにちは毎度おなじみティルナです。




特にどうということもなく、最近プレイしたPCゲームの話題でも。



あ、ネタバレ&感想の中身次第では不快に思われる方も



いるかもしれませんので、その点はご注意をば。










さて。

本当にタイトル通りで申し訳ない限りではあるのですが。

最近「AIR」と「G線上の魔王」(現在プレイ中)をプレイしまして。

その感想をば。





・『AIR』(初回限定版)に関して


泣きゲーとして高い評価を受けている作品、という訳で

自宅ではほぼ積みゲーと化していた本作。

メインヒロイン3人のED→SUMMER→AIR と順次プレイしてみました。

計5本に及ぶストーリーでこの作品が成立しているわけですが・・・。

いや、なかなかぶっとんだキャラ設定だなぁ、とプレイしていて感じました。

使命持ちで法術使いの主人公、呪い持ちの少女、翼が云々、といかにも

ファンタジーな要素満載設定で舞台が現代の田舎町と言う作品。

初出が2000年初頭だったので、2012年現在の芸風(受け手側の感覚)と異なる

部分があったからかもしれませんが、個人的に

一番感動できたのは「遠野美凪」編だったかなぁ、と。

少なくともしっくりきたのがそのストーリーで、正直なところ、「観鈴」編や「佳乃」編

は涙を誘うには弱かったかなぁという結論で落ち着きました(ゲームの設定背景を理解する

必要があったのではと)。

最後の『AIR』最大の見せ場、通称「ゴール」のシーンも、

涙を流すには至らなかったですしねぇ。

無感情なのか、はたまた感性がずれているのか、少なくとも世の中の評価とは

別なところで、自分が感動してるんですよね。

まぁ、「お前頭おかしいだろなんであのシーンで泣かねぇんだよkz」とか批判の声が

聞こえてきそうですが、そこには目を瞑っていただいて。

物語の設定、進行上、SUMMERも蛇足なのでは? と思ったり。

ん~、読みが甘いんですかね。

2000年当時だったら、また別の感動があったかもしれませんが・・・。

ちょっと旬が過ぎていましたね。



ただ、ストーリーとしては「イイハナシダナー」と言う部分では

共感できる所が多々ありました。

脇役の晴子さんや聖さんも良い人でしたしね。

なんだかんだで泣かせにかかる箇所もしっかりしていました。

みちる と 美凪 の屋上のシーンとかはなかなかでしたよ。

・・・アニメも見たほうがいいのかなぁ。




・『G線上の魔王』(初回超重量特典版)に関して

全てプレイしてないんですが、とりあえず椿姫ENDだけのプレイです。

個人的にどのサブヒロインも「良いキャラしてんなー」と思ったわけですが、

今現在のトップは「宇佐美ハル」でしょうか。やはり。

久方ぶりに見る脱力系知的ヒロインの登場に心躍る感じです。ハヨザイマース。

ビリリと鳥肌ものだったのは序盤の数学パズルの問題。

現代社会で繰り広げられる知的頭脳戦に、クリックする指が止まらなかったです。

ただ、ギャルゲーの宿命とは分かりつつも、各ヒロインのエンディングでは

本筋のキャラ背景が説明されなかったり(恐らくストーリーを進めれば説明してくれるんで

しょうけど)したのが本当に惜しい限り。

まぁ、そのヒロインのシナリオなのに他のヒロインにスポット当てる訳にも

いかないわけですなぁ。ですので宿命的惜しさです。

もっとも、まだ全てを見届けたわけではないので、今後に期待しているわけですが。

現在は「魔王の殺人」編をプレイしています。

若干花音にスポットを当てたお話になっていますね。

それにしても・・・

パケ裏のキャラ説明にあった花音の「ちくわ笛」は本編で披露されるのでしょうか・・・。









PCゲームな日々










そんな1日










スポンサーサイト

COMMENT

美凪というかみちるエンドだよねぇあれは
屋上のシーンは良かった(´;ω;`)

SUMMERはアレだよ
裏葉が全てw
もうあんなイイオンナはいないって
ってか裏葉いなかったらこの物語は始まりもしないというキーパーソン

の割りには裏葉の説明殆ど無いという・・・
だから逆に魅力的だったりもするんだけどねぇ

G線はやってないからなぁ
るーすぼーいがシナリオ担当だからやってみたいんだけどね
車輪は良かったし

全く関係ないけど
「G線上の魔王」って「げーせんじょうのまおう」って読んでたけど
普通に「じーせんじょうのまおう」だったとは・・・
ハクロン | URL | 2012/02/03/Fri 10:01 [EDIT]
ハクさん>

>SUMMERはアレだよ
>裏葉が全てw
>もうあんなイイオンナはいないって
>ってか裏葉いなかったらこの物語は始まりもしないというキーパーソン

あぁ、なるほど確かに裏葉は重要なキャラですよねw
もうちょっと掘り下げて出生とか語ればなお良かったんですかね~

車輪は一応買い置きしてあるのでG線終わったらそっちやってみようかなぁ
ティルナ | URL | 2012/02/03/Fri 11:38 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。