趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

世界の中心で鯛をさばく…‥コレが最大のつぼでした、我々の高校時代は恵まれておったのぉ
コランダム | URL | 2007/12/11/Tue 00:36 [EDIT]
どんなファッションやったのかがとても気になります。
私服の先生今まで見た覚えがないしww
貞芋 | URL | 2007/12/11/Tue 19:38 [EDIT]
地味に参上!( -∀-)ノお初
これからもよろすくね。バイトおつかれ~
ギルバート | URL | 2007/12/14/Fri 17:54 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

今日はリア日記 ( ゚ω゚)

リア日記 2007/1210 Mon 23:52:28
@2レベ上げればよいのにその道筋が アッー!

どうも、こんばんはティルナです (=゚ω゚)ノ

今日はリア日記でも (´・ω・)
さて

私は主に、土日にバイトをしているわけなんですが

まぁ、結構バイト日数というものが経っておりまして

お店の「ホール」を任せられることが多かったわけなんですよ。

「いらっしゃいませ~」とか「ありがとうございました~」とか言ってるわけですね。

時折

エアロスミス~」とか「アランドロンあいつけしますか」とかを上記っぽく言ったりしてます。

で、ですよ。

忘れもしないおよそ数日前の日曜日。

時間は午後の8時くらいだったかな?

お昼の12時から入っていたので

多少クタクタ感が出てたわけなんですがそこは接客業。笑顔は忘れません。

スマイルは有料です。

お店の入り口の自動ドアが開く音がしまして、まぁ、大抵お客さんなわけなんですけど。

「いらっしゃいませ」の「いらっしゃ」まで声が出掛かってたんですが

お客さんを見てあらびっくり。

なんとそこには

高校時代の当時私のクラスの現代文担当の先生がいらっしゃるじゃあ~りませんか。

私: ( ゚д゚)ぁ・・・

当時担当の先生:( ゚д゚)ぉ

2秒ほどお互いまさに↑のような顔をしておりまして、えぇ。

その先生は私が知る限り

今までの国語担当官で唯一笑いの師匠と呼んでもいい御方でして。

笑いもさることながら授業が物凄い親しみやすくかつ分かりやすかったんですよね。

例えるなら

当時、ある日の現代文の授業にて―――

先生:問題となる文章には2つのタイプがある。

生徒:ほぉ

先生:で、だ(と、生徒の1人を指差して)

先生:古畑任三郎金田一少年の事件簿の違いは何だ?

生徒:(数秒考えて)犯人が既にわかってるタイプと最後に分かるタイプです

先生:その通り。

先生:で、なぜ今の話を取り出したかと言うと

先生:問題を解くには文章の中身を知ることが重要で

先生:特に「結論」の部分を理解しないと問題は解けない。

先生:で、文章にはその「結論」を最初に持ってきておいてその理由を話すタイプ

先生:そして、散々理由なり何なりを話して「結論」にもってくる2つのタイプがある。

生徒の頭の回転の早さは一応おいといて ノノ

この説明には私もかなり納得しました。納得です。ガッテンです。

確かに

どの文章でも最初に結論を持ってきて「それはこうこうこういうことである」みたいなやつと

「こうこうこういうことになる。だから【結論】になる。」という2つしか無いんですよね。

以来、私は国語で相談を受けたりする時には↑のような説明をしたりします。

また、おそらくその3年間で国語に対する苦手意識みたいなのも変わっていったと思います。

じゃなければこんな文章書かないといけないブログなんて手もつけなかったはずですからねw

まぁ、そんな師弟関係が3年間続いたわけで

物凄い(ある種の)「恩」を感じてる相手でもありました。

その先生がお店にやって来たわけなんですよ。実に3年ぶりくらいの再会でした。

当時先生から「彼女の有無」は聞き出せなく結局うやむやのまま卒業してしまったわけです



先生の後ろからヒョコッと女性が1人付いて来てまして。

私(心中):アッー!!!!!!

先生に彼女発覚。

そしてなにより

先生、何そのオシャレ装甲

私が言うのもなんですが、その先生はパワプロ風に言うならば

トーク○
センス○
流行○(テレビとかの話題が豊富)
アベレージヒッター(どんな話題でも笑いに持っていける)
身長高い
カッコイイ

と、先生としてのスキルも美貌も兼ね備えた男性だったわけなんですが

やはり学校では見れないような

赤いジャケットに赤黒の良い色合いが施されたマフラーなんかをして店内に来たわけですよ。

うはwwwwwwwテラカッコヨスwwwwwww

私は店内の片付け等があったのであまり接客できませんでしたが

やはりそこは思い出深い師匠、さすがでした。

去り際に敬礼をして帰って行くとは

あ、ちなみに彼女はかなりかわいかったですよ (^ω^ )

そしておそらく

翌日

彼の担当するクラスで私の話題が出るであろう

ということは間違いないでしょう。

絶対出ます。

そして何よりも心配なのが

他の先生にまで声かけて

まとめて来られることですかね。

そんなことされたら最大の羞恥プレイですよ。

しばらくはオチオチ「エアロスミスー」とか言えませんね (^ω^;)














というわけで




事情わからない人にも一応わかりやすく書いたつもり







そんな1日
スポンサーサイト

COMMENT

世界の中心で鯛をさばく…‥コレが最大のつぼでした、我々の高校時代は恵まれておったのぉ
コランダム | URL | 2007/12/11/Tue 00:36 [EDIT]
どんなファッションやったのかがとても気になります。
私服の先生今まで見た覚えがないしww
貞芋 | URL | 2007/12/11/Tue 19:38 [EDIT]
地味に参上!( -∀-)ノお初
これからもよろすくね。バイトおつかれ~
ギルバート | URL | 2007/12/14/Fri 17:54 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。