趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMMENT

ティルナに勧誘されてプレイしたアクエリにはまってしまったコランダムですorz
自分でキャラを動かせるのは感動なんだけどお金がかかり過ぎるんだよなぁ…‥
まぁ彗星爆弾ゲットしました…
コランダム | URL | 2007/07/29/Sun 22:55 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

どうしてアクエリにはまったか

どうも、ちょっとした息抜きに更新です。ウィルナードです (=゚ω゚)ノ

まぁ、タイトルの通りですが

どうしてアクエリにこうもはまったか、をふと考えてたんですよ。

で、まず考えたこと

【アクエリのどこが面白かったのか】

まず、これが無いと始まりません。

きっかけはゲームセンターにてやってる人を見たから、ですね。

で、そのゲームのどこに惹かれたのか。

キャラクターかシステムか、と問われたら、おそらくシステムでしょうね。

ちょっとリアに触れますが、自分の年代から言わせると

何の変哲も無いカードで画面上のキャラクターが動かせる、なんていうのは

少年時の自分たちからすればかなりの「憧れ」でもあったんですよね。

ようするに「キャラクターの立体化」、「自分の意のままに操れる」

こうしたことに「夢」を持ってたんだと思います。

まぁ、実際は「カード」は「カード」のままなんですけどw

少なくともゲーム画面上のキャラクターをカード操ることで操作出来る。

ここに一番感動したんだと思います。

じゃぁ、三国志大戦とかあったんじゃ?w

なんてことも言われますが、正直三国志大戦は絵が汚す(ry

まぁ、そんなこともあって、イマイチだったんです。。。

そんなところに現れたのがアクエリだったかもしれません。

少なくとも三国志大戦よりも絵がきれいでしたし (´・ω・)

それが理由の1点目

2点目はこれはゲームの内容に関連することかな?

まぁ、「戦略」ですね (´・ω・)

大抵のカードゲームだと、レアカード=強い=弱いカードじゃ倒せない

というような方式が成り立つ場合が多いかな、と。

確かに、アクエリでもレアカードで高い能力を持った奴がいます。

また、レアカード特有の反則的なスキルを持った奴もいます。

ですが、アクエリ内において、それを活かすも殺すもプレイヤー自身である、というところに

また惹かれたのかもしれません。

たとえ攻撃力5のレアカードでも、戦い方次第で攻撃力1のノーマルカードに負ける

そうしたことがアクエリでは「普通」に起こりえるんです (´・ω・)

あ、ちなみにHPは同じらしいです。

ただ、攻撃力により、与えたダメージ量で差がつく、といった感じですかね。

だからカード使う側も本当に偏ったデッキ編成にならないんですよね。

十人十色、といった感じでしょうか。

対峙する人々が全員違う感じなんです。

ただ、「流行」みたいな形で似たようなデッキが出回ることがありますが・・・w

まぁそういうわけで、「戦略」が物を言うこのゲームに魅力を感じたのかもしれません。

この2点が「アクエリのどこが面白いの?」に関する個人的な意見です。

少なくとも1点目の理由によるところが8割占めてますけどね (;・∀・)

やっぱりただの紙切れのようなカードを動かすだけでキャラクター動かせる、とか

夢のある話じゃないですか

少なくとも、自分はそう思っています (´・ω・)

まぁ、もし興味が湧いたら近くのゲームセンターとかに行ってみてください。

おそらく「あぁ、こういうことを言っていたのか」とわかってもらえるような・・・無いかなw

うん、詳しく知りたい人は公式サイトの「デモプレイ」や「チュートリアル」を見てもらえばいいかな














ふと振り返る







そんな1日でした
スポンサーサイト

COMMENT

ティルナに勧誘されてプレイしたアクエリにはまってしまったコランダムですorz
自分でキャラを動かせるのは感動なんだけどお金がかかり過ぎるんだよなぁ…‥
まぁ彗星爆弾ゲットしました…
コランダム | URL | 2007/07/29/Sun 22:55 [EDIT]

COMMENT FORM

name:

mail:

url:

comment:

password:

TRACKBACK URL

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。