趣味に生きる

紫鯖で活動してい『た』、とあるランサーの日記。

スポンサーサイト

スポンサー広告 --/---- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通に感動した

アクエリの大型アップデートが行われ

カードの種類が増えたところ、カードフォルダーの上限に達していることがわかりました。

ちゃす、俺ウィルナード ( ゚д゚)ノ

今日は簡単に。
スポンサーサイト

スランプ

どうも、カクテルパートナーを飲んでやや二日酔い気味のウィルナードです。


さて

あれだ、久々にアクエリをしてきたんだぜ

左足の太ももの裏が筋肉痛のときにDDRをして、筋肉痛がさらに酷くなりました。

こんばんは、ウィルナードです。



さて

ひっさびさにアクエリしてきました。

ひっさびさだったため、操作がグダグダでした。

ひっさびさの全国対戦では予想通りフルボッコにされました。

ひっさびさに自分のランク見たら全国順位が2000位というなんとも微妙な位置に。

ひっさびさのアクエリはとても楽しかったです。

ひっさびさn(ry


で、アクエリの公式HPから「マイルーム」とやらに行けるのですが

ここでは過去の戦績とか詳しいデータを見ることが出来ます。

何月何日、誰々と対戦、結果、その時の自分と相手のデッキ・・・etc

本当はデッキの画像載せたかったけど

ayyaさんがやってたようにウェブページの画像そのまま貼り付ける方法ってどうやるんだろう?

どなたか知ってたらコメントお願いしますニダ OTZ

というわけで今回はデッキを文字のみで (つД`)

【青黒】

・マークドウィッチ”ルツィエ・フォン・フリッシュ”
・ハイプリエステス”ポーラ・ウォレンティヌス”
「黒」
・メイド天使”ソフィエル”
・アークエンジェル”カマエル”
・女帝竜”ィアーリス”
「オルタ」
デスルーン
ソドムの罰

最近流行の「青黒」デッキで少々やってみることに。

光弾が飛び交い、黒キャラで殴りに・・・・

なんという忙しさ

光弾を一々相手に向けなきゃいけないし黒キャラたちも動かさないといけないし (つД`)

でも使いこなせれば強そうだよね (´・ω・`)

使いこなせれば、ね・・・

天敵は相変わらず行動制限系。

特に通常攻撃以外あまり取り柄の無い黒キャラたちは攻撃封じられた瞬間に \(^o^)/

「これ何とかならないかなぁ~」と考えること10秒飛んでコンマ2秒

ここで私は閃いた

「そうだ!黒がいるから駄目なんだ!」

というわけでデッキから

黒キャラ一斉除去

ちょwwwwwおまwwww自殺行為すぎるwwww

まぁ、話を聞いてくれ。

ようするに黒に求められるのは、言ってしまえば「火力」なわけで。

火力補えればいいんでしょ?w 的な見解に到ったわけです。

というわけで次回からちょっとこれで行ってみよう、的なデッキ

デッキ名:通称「青木

・エルヴン・ストライダー”ロビン・グッドフェロウ”
・三眼皇女”ラユュー・アルビレオ”
・太師”聞仲”

・マークドウィッチ”ルツィエ・フォン・フリッシュ”
・宮廷魔術師”ソフィア・フローレンス”
「オルタ」
次元斬
デスルーン

「火力」という考えから「敵のHPを減らす」という考えで出した結論。

太師”聞仲”のスキル光弾で相手HP20~30%減らしまくれば怖いもの無し、になるはず。

相手がパワーデッキならソフィアの「トラップショット」で

すれ違いざまのラリアット攻撃

が可能になると思います (^ω^ )

相手の攻撃力が高ければ高いほど威力も上昇していくとか美味し過ぎです。

まぁ、しばらくこれで様子見かな (´・ω・)














アクエリに一石投じてみる





そんな1日でした

なにやらティルナに脅さ・・・ウワ、ハナセ、ナニヲス(ry

はい、オールスター東軍総大将になっちゃったウィルナードです。

まぁ、一時的なものですがね ( ´,_ゝ`)



さて

東軍総大将にはなったものの

やはりアクエリは止められない、止まらない

実際はプレイしに行く暇が無いのですけどね (´;ω;`)ゥゥ・・・

というわけでデッキでも妄想しときますかな・・・


【ウィルナード様的デッキ】
・メイド長"佐々原 藍子"
・パンツァーメイド"モーリー・クリステン"
・サンダーボルト"東海林 翼"
・ライトニング・シューター"東海林 光"
・タイムスキッパー"宮坂 ありす"
「Alteration Card」
・調理実習
・星に願いを

【ティルナ超☆先生的デッキ】
・スレイブメイド"ソフィエル"orエルヴンストライダー"ロビン・グッドフェロウ"
・三眼皇女"ラユュー・アルビレオ"
・メイド天使"ソフィエル"
・アークエンジェル"カマエル"
・女帝竜"ィアーリス"
「Alteration Card」
・ミラーブレード
・次元斬

まずは私のデッキから (´・ω・)

E・G・O のみのデッキ、通称「白単デッキ」

このデッキの最大の強みは妨害系スキルを持つキャラが2人いること。

東海林 光のライトニングボルト(RSのGVで言うと相手攻撃スキルを使用不可にする)
宮坂 ありすのタイムプリズン(RSのGVで言うと一定時間、相手を古都に強制送還+操作不可)

この2名をいかに扱うかが勝負の分かれ目かなぁ、と (´・ω・`)

攻撃は主に 東海林 翼 のサンダーボルトで行う感じ。

一応攻撃は任意の場所に光線飛ばすようなものなので扱いやすいですしね。

オルタに関しては「妨害解除」と「逃げる」ことを目的としたものを入れた感じ。

調理実習でスキル全消し ヽ( ゜∀゜)人(゜∀゜ )ノキャッキャ
星に願いをでプレイヤー以外一定時間全消し ヽ( ゜∀゜)人(゜∀゜ )ノキャッキャ

まぁ、そんなぐあいに (´・ω・`)

次にティルナが使っているデッキについて

俗称は「黄黒デッキ」。

極星帝国とイレイザーの2色混合デッキですね (´・ω・)

このデッキの強みはキャラの持つパワーとスピード活かした高速攻撃が最大の売りです。

すなわち

アークエンジェル"カマエル"   パワー4 スピード3 コスト低
三眼皇女"ラユュー・アルビレオ" パワー4 スピード3 コスト低
女帝竜"ィアーリス"       パワー4 スピード4 コスト中

コストの低さを利用して↑2体を高速召喚。

この時点でパワー8部隊の出来上がり。

序盤はパワートータルが5~6くらいしか出来上がらないのに対し、これは強力。

さらに時間をおいてパワー4のキャラを追加してパワートータル12の部隊完成です。

おまけに、マインドブレイカー(プレイヤーアバター)のスピードは全て一律3なので

単純な追いかけっこをしても振り切られることが少ないです。

粘着されて相手にとって /^o^\ナンテコッタイ な事態も引き起こせます。

さらにオルタ部分において

ミラーブレード(RSのミラタワをプレイヤーが受け、物理&魔法ダメをそのまま相手に反射する感じ)
次元斬(RSの範囲攻撃にどんな抵抗しようと100%即死させる感じ)

この2枚の双璧となっています。

ミラーブレードと次元斬は共にプレイヤーを守るためのもの、と考えたほうがいいでしょうね。

次元斬範囲内に味方プレイヤーが入っていれば

少なくとも敵キャラに近づかれることはないです。

時折WIZ-DOMのカードによって爆撃されたりしますけどね (´・ω・)

おそらく、こういう感じでしょう。

まぁ、こんなことを考えたってあまりプレイできないので














妄想な日々





そんな1日でした

どうしてアクエリにはまったか

どうも、ちょっとした息抜きに更新です。ウィルナードです (=゚ω゚)ノ

まぁ、タイトルの通りですが

どうしてアクエリにこうもはまったか、をふと考えてたんですよ。

で、まず考えたこと

【アクエリのどこが面白かったのか】

まず、これが無いと始まりません。

きっかけはゲームセンターにてやってる人を見たから、ですね。

で、そのゲームのどこに惹かれたのか。

キャラクターかシステムか、と問われたら、おそらくシステムでしょうね。

ちょっとリアに触れますが、自分の年代から言わせると

何の変哲も無いカードで画面上のキャラクターが動かせる、なんていうのは

少年時の自分たちからすればかなりの「憧れ」でもあったんですよね。

ようするに「キャラクターの立体化」、「自分の意のままに操れる」

こうしたことに「夢」を持ってたんだと思います。

まぁ、実際は「カード」は「カード」のままなんですけどw

少なくともゲーム画面上のキャラクターをカード操ることで操作出来る。

ここに一番感動したんだと思います。

じゃぁ、三国志大戦とかあったんじゃ?w

なんてことも言われますが、正直三国志大戦は絵が汚す(ry

まぁ、そんなこともあって、イマイチだったんです。。。

そんなところに現れたのがアクエリだったかもしれません。

少なくとも三国志大戦よりも絵がきれいでしたし (´・ω・)

それが理由の1点目

2点目はこれはゲームの内容に関連することかな?

まぁ、「戦略」ですね (´・ω・)

大抵のカードゲームだと、レアカード=強い=弱いカードじゃ倒せない

というような方式が成り立つ場合が多いかな、と。

確かに、アクエリでもレアカードで高い能力を持った奴がいます。

また、レアカード特有の反則的なスキルを持った奴もいます。

ですが、アクエリ内において、それを活かすも殺すもプレイヤー自身である、というところに

また惹かれたのかもしれません。

たとえ攻撃力5のレアカードでも、戦い方次第で攻撃力1のノーマルカードに負ける

そうしたことがアクエリでは「普通」に起こりえるんです (´・ω・)

あ、ちなみにHPは同じらしいです。

ただ、攻撃力により、与えたダメージ量で差がつく、といった感じですかね。

だからカード使う側も本当に偏ったデッキ編成にならないんですよね。

十人十色、といった感じでしょうか。

対峙する人々が全員違う感じなんです。

ただ、「流行」みたいな形で似たようなデッキが出回ることがありますが・・・w

まぁそういうわけで、「戦略」が物を言うこのゲームに魅力を感じたのかもしれません。

この2点が「アクエリのどこが面白いの?」に関する個人的な意見です。

少なくとも1点目の理由によるところが8割占めてますけどね (;・∀・)

やっぱりただの紙切れのようなカードを動かすだけでキャラクター動かせる、とか

夢のある話じゃないですか

少なくとも、自分はそう思っています (´・ω・)

まぁ、もし興味が湧いたら近くのゲームセンターとかに行ってみてください。

おそらく「あぁ、こういうことを言っていたのか」とわかってもらえるような・・・無いかなw

うん、詳しく知りたい人は公式サイトの「デモプレイ」や「チュートリアル」を見てもらえばいいかな














ふと振り返る







そんな1日でした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。